鯉に恋しよう♪

錦鯉飼育の魅力

きれいな色や模様の錦鯉をみると、なぜかワクワクするのは私だけでしょうか?観賞用に品種改良された錦鯉の愛好家は全国にたくさんいると思います。その人気ぶりは錦鯉の品評会などを見ても分かりますよね。どうして人々は、そんなに錦鯉に心引かれるのか?ここでは、錦鯉飼育の魅力についてお話しましょう!

錦鯉は環境に順応できて飼育しやすい

なぜ錦鯉を好んで飼育する人がこんなにも大勢いるのでしょう?
その理由の一つに環境への馴染みやすさが挙げられます。

鯉はこんな魚」のページにも書きましたが、鯉は全般に環境への適応能力がすぐれているのです。よくペットショップなどで買ってきた熱帯魚などを自宅の水槽に移し替えたら急に元気がなくなってしまった…なんてことありませんか?

ですが、錦鯉ならそういうことはまずないでしょう。飼育のしやすさがみんなに愛されているんですね。また、環境の変化に強く、少しくらいなら環境が悪いところでもきちんと育つ丈夫な魚です。

なので、こういった魚の飼育初心者の人でも鯉は安心して楽しく飼うことができます。さらに繁殖などで新しい錦鯉が増えたとしても、縄張りを持たないため鯉同士でのトラブルが起こらないんですよ。

錦鯉はとても人懐っこい!

人懐っこいもう一つ、鯉の魅力的な点は、とても人懐っこいところではないでしょうか。魚って直接頭をなでることができるわけでもないし、抱っこできるわけでもないので、私個人的にはあまり人になつくという感覚はありません。

ですが錦鯉も普通の鯉と同じく、性格は他の動物と比べてなれやすくて、なれてしまえば手から直接エサを食べるようになりもなります。また、いつもエサをくれる人の足音が分かるようになって、近づくとエサをねだって寄ってきたりするんですよ!飼い主さんにとって、これほど可愛いことはありませんよね♪

近年、錦鯉は日本だけではなく、世界中でペットしても広く親しまれるようになりました。池でなくても水槽を使えば、アパートやマンションで飼育できるのも人気の秘密かもしれません。ちなみに池の鯉はなれているとエサを持っていなくても手をたたくだけで、近づいてきます。「なれ」っていうのは、すごいことなんですね。

錦鯉の愛好家も多くて品評会なども多彩!

日本を含め、世界各国に錦鯉の愛好家はいます。飼育・繁殖のしやすさから愛好家の数は年々増え続けています。錦鯉を飼うことの楽しさは、この愛好家が多い点にもあると思います。錦鯉が大好きで自分と同じ想いを持った人がたくさんいると嬉しくなりますよね!

錦鯉に対する強い想いは同じでも、それぞれ知りたい情報とかは違ったりします。そこで愛好家同士が情報交換をするのです。また各地ではさまざまな錦鯉の品評会などが開かれています。

品評会は規模によって全国品評会、地区品評会、支部品評会、分会品評会に分けられています。品評会が行われる時期は地域によってバラバラですが、一年のうちで錦鯉が一番美しくなる時期(季節)、それと会場に鯉を移動するのに都合のいいときに行われています。もちろん海外でも南アフリカやマレーシア、ドイツなどで支部品評会が開催されているんですよ。

そういった品評会に参加すると、また色々な「鯉マニア」の人とも交流できますし、ますます愛好家の輪が広がるでしょう。錦鯉の品評会での基準などは「鯉を楽しもう!」のページで詳しく説明しますね。お楽しみに!

その他・錦鯉の魅力

これまで紹介してきた魅力のほかに、私なりに錦鯉が多くの人に親しまれている理由を考えてみました。

品種が多い
本当に色んな品種があります。きっと好きな色・模様の錦鯉が見つかると思いますよ。

日本の風土に合う
基本的に錦鯉は日本産の観賞魚です。なので、性質なども日本の気候や風土によく合っているのです。

エサも気を遣う必要なし
公園などの池にいる鯉を見ても分かるように雑食なので、何でも食べます。とはいえスナック菓子などそういうものばかり与えないでくださいね。

簡単に飼いはじめることができて、しかも奥が深くて飽きない
飼育は簡単なわりに、模様や生態など観賞魚としての奥深さがあります。長く飼えば飼うほどなつきますし、目が離せなくなりますよ。

値段的にも買いやすい
錦鯉は全体的に見ても比較的安く購入できると思います。品質にもよりますが、1匹500円からという錦鯉もいますね。

 

ページの上に移動